2012年03月23日

もう一つのウルウルです


本日,保育園の卒園式に出席いたしました。

毎年この時期は続くのですが、先週から幼稚園や保育園の卒園式に​出席しております。

私は遅い花粉症にかかり、鼻水止まらず、目は痒く、涙目です。

また、保育園や幼稚園の卒園児の姿を見て、鼻水止まらず、目はウ​ルウルです。

卒園児が卒園証書を受け取り、お母さんの前で「お母さんいつも優​しくしてくれてありがとう」等と言ったあと、お母さんが一言、そ​して抱き合っている姿は、泣かされます。

花粉症と感動でズルズルです。

卒園児の皆さんはお家に帰ったらお父さんにも「ありがとう」と言​ってくれるかな?

感動だけで終わってはいけないのです。

この子供たちが、厳しい社会を生き抜く力をつける施策づくりと、​安心安全な社会づくりを急がなければなりません。

早急に信頼される政治が求められます。

D1020001.JPG
posted by 永田 雅紀 at 15:23| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月14日

橋脚事故

21年前の今日は、建設工事中のアストラムラインの橋脚が落下し、作業員5名と県道を停止中の車の中で9名が亡くなられました。

心からご冥福をお祈りいたします。

現在は低価格落札や最低制限価格での落札が続く中、二度とこのような事故が起こらないように、徹底した管理体制が必要です。

技術職のスキルアップと管理体制の再整備が必要と考えます。
posted by 永田 雅紀 at 13:08| 広島 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月11日

東日本大震災から一年

東日本大震災発生から今日が一年になります。

地震発生時刻の午後2時46分には家族で黙祷をし

亡くなられた方々に哀悼の誠を捧げ

1日も早い復興を祈りました。



posted by 永田 雅紀 at 16:53| 広島 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

勝利


やりました。サンフレッチェ広島は因縁の対決で勝利を収めました​。
サンフレッチェ1.JPG


開幕戦の相手は昨年まで指揮を執っていた現在浦和レッズのペトロ​ヴィッチ監督です。

そしてサンフレッチェにいた柏木、槙野も浦和レッズの選手です。​特に槙野がボールを支配するとブーイングのあらしでした。

それにしても開幕戦で約3万人の観客は近年はないことです。これ​が最終戦までこの調子でいてもらいたいと思います。

とはいえ、ペトロヴィッチや他の選手も好きで移籍したのではない​と思うと複雑です。

頑張れサンフレッチェ!!

サンフレッチェ2.JPG


posted by 永田 雅紀 at 11:18| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月08日

最近の話題

全世界的な金融緩和に伴い世界の資金はダブついているようです。

日本の株価は上昇していますが、エルピーダメモリーの事実上の倒産やマツダの業績をはじめ各産業の業績は上向いているとは言えません。

各企業の業績が上昇しての株価上昇ではない限り、この株価は信用できません。

最近は原油の価格も上がっています。

ダブついた資金がどこに行くのか気になるところです。



また、通常国会で消費税率のアップが重要案件になっています。

景気が悪い中の消費税率アップは、より景気を悪化させるとの議論があります。

この議論は消費が冷え込むことが前提です。皆様もご存じですが、負担は事業者です。

大企業と中小零細の企業関係は、主従関係です。ものが売れなければ企業業績に跳ね返ります。

となれば、大手企業から中小零細企業に消費税アップ分は泣いてくれと言われれば、大方の企業は渋々泣くでしょう。

また競争力の弱い企業も消費税アップ分かぶらないと競争に負けるでしょう。これが実態ではないでしょうか。

また、輸出企業には輸出分の消費税は還付されます。約12兆円の消費税収入がある中、輸出企業には輸出分は還付されています。

その額は約3.3兆円あります。産業界は消費税は上げても仕方ないと言っているようですが、痛みは少ないということもあるのでは…。

大企業と輸出企業、中小零細企業などは日本の発展に向け頑張ろうと思われているでしょうが、この様な事もあると考えたほうがいいのではないでしょうか。
posted by 永田 雅紀 at 17:15| 広島 | Comment(0) | TrackBack(0) | 今思うこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする