2018年06月20日

アフリカ外交団月例会議

アフリカ外交団月例会議に出席し、広島市議会の平和への取組等を紹介しました。その後、松井市長からは平和首長会議の意義などのプレゼンテーションを行って頂きました。迎える平和の検証として各国の大使館を回り、平和首長会議加入の切っ掛けづくりが出来ました。議会として市長部局の後押しが出来たことは大きな成果です。私のアナウンスの内容を英文と和文で紹介します。

英文

May 31, 2018

Chairperson Nagata’s Speech at the African Diplomatic Corps Block Meeting


Your excellencies and Ladies and gentlemen, my name is Masanori Nagata, Chairperson of the Hiroshima City Council. Although I am not very used to doing this, please allow me to address you in English. I hope you will kindly bear with me. First of all, I would like to thank you for inviting me to this meeting, and for sparing me your precious time.

Taking this opportunity, I would also like to express my most profound gratitude to all the ambassadors and other diplomats who travel so far to Hiroshima to attend the Peace Memorial Ceremony that my city holds ever year on August 6. Thank you so much for your support.

It was, in fact, on the eve of the Peace Memorial Ceremony during a welcome reception for ambassadors and other distinguished guests that I was first motivated to give this presentation. When I was conversing with our guests about peace, I was struck with the feeling that Mayors for Peace, an organization presided over by the mayor of Hiroshima and comprised of over 7,500 cities world-wide that work together towards the goal of nuclear weapons abolition and lasting world peace, would be strengthened if we were able to increase the number of member cities from African countries even just a little.

So far, I have paid visits to the Embassies of the Republic of Angola, the Islamic Republic of Mauritania, the Republic of Zimbabwe, and the State of Eritrea, where I was warmly welcomed and afforded the time to address those ambassadors, who listened earnestly to what I had to say.

Through these conversations, I came to know about the monthly meetings of the African Block Ambassadors. And upon enquiring as to the possibility of addressing the meeting, Dean of the African Diplomatic Corps, His Excellency Mr. Estifanos Afeworki, willingly approved.

Based on our unwavering conviction that a repetition of the unprecedented tragedy that befell Hiroshima would be unforgiveable, the Hiroshima City Council continues to appeal for Hiroshima’s wish; that of nuclear weapons abolition and lasting world peace.

Last year, when the Treaty on the Prohibition of Nuclear Weapons was adopted at the United Nations, the Hiroshima City Council made our resolve clear to all those concerned both at home and abroad through actions such as issuing to the government a unanimously approved statement calling for the early entry-into-force of the Treaty.

Upon listening to today’s explanation, I ask for your understanding regarding Hiroshima and Mayors for Peace member cities’ wishes for nuclear abolition and lasting world peace, and ask for your support in urging cities in your own countries to join as members.

Thank you for your kind attention.

和文

○アフリカ外交団ブロックミーティング(5/31)永田議長スピーチ

広島市議会議長の永田でございます。不慣れではございますが、英語でスピーチをさせていただきます。まずは、本日はこのような会にお招きいただき、また、貴重なお時間をいただきありがとうございます。
さらに、毎年8月6日に行われる本市の平和記念式典に、多く大使の皆々に遠く広島までお越しいただき、大変ありがとうございます。この場をお借りして、厚くお礼申し上げます。
本日、このようなプレゼンテーションの機会をいただいたきっかけは、その平和記念式典前日の夕刻、大使の皆様をお招きする歓迎レセプションであります。その場で、皆様と平和についてお話しする中で、本市市長が会長を務め、核兵器廃絶と世界恒久平和を目指すことを目的に、世界7500都市以上が共に活動する世界平和首長会議に、アフリカ諸国の加盟都市を少しでも増やすことができれば、同会議がより強固になると感じたことが発端です。
これまでお伺いした、アンゴラ共和国、モーリタニア・イスラム共和国、ジンバブエ共和国、そしてエリトリア国、いずれの大使の皆様とも同様に、私を温かく迎えていただき、貴重な時間を割いて、お話を熱心にお聞きいただきました。
そして、皆様とお話しする中、アフリカ諸国大使のブロック会議が毎月開催されることをお聞きし、在京アフリカ外交団の団長であるアフォワキ大使に、このブロック会議で、お話する機会を与えていただけないかとお願いしたところ、快くご了解いただいたわけでございます。
私たち広島市議会も、広島に降りかかった未曾有の惨禍が、再び繰り返されることは決して許さないという固い信念のもと、核兵器廃絶と世界恒久平和の実現というヒロシマの願いを一貫して訴え続けております。
昨年、核兵器禁止条約が国連で採択された折には、条約の早期発効を求める意見書を全会一致で可決し、政府に訴えかけるなど、内外の関係者に、広島市議会の意志を表明しております。
皆様には、本日の説明をお聞きいただいた上で、本市と、平和首長会議加盟都市の核兵器廃絶と世界恒久平和への思いをぜひともご理解いただき、本国の都市の加盟についてご支援賜りますようよろしくお願いいたします。


IMG_3009(HPトリミ).JPGIMG_3032.JPGIMG_3025.JPG広報誌1.JPGIMG_20180531_143101.jpgIMG_2458.JPG
posted by 永田 雅紀 at 11:49| 広島 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月05日

記念イベント

広島市・モントリオール市姉妹都市提携20周年記念イベント・記念セレモニー



昨日、広島市とモントリオール市の姉妹都市提携20周年記念イベントに参加しました。「モントリオールの日」の開催を通じて、20年の友情を共に祝うことで、市民の皆様がお互いをより一層深く理解し、ますます友好の絆を深められることを期待します。両市の交流にご理解とご尽力いただいております、モントリオール市のプラント市長に「広島市特別名誉市民」の称号が送られました。9月には広島市側が訪問をさせて頂きます。
IMG_3152.JPGIMG_3192.JPGIMG_3181.JPG
posted by 永田 雅紀 at 10:09| 広島 ☁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする