2019年05月02日

新任期にあたり

今日から、新たな任期が始まります。皆様方のご期待に応えられるよう精進してまいります。
昨日行われた「即位後朝見の儀」にて天皇陛下は「常に国民を思い、国民に寄り添いながら、憲法にのっとり、日本国及び日本国民統合の象徴としての責務を果たす」と述べられまして、国民との交わりを大切にされることを述べられました。天皇皇后両陛下のご健勝をお祈りいたします。
ところで、令和はどんな時代にとの街頭インタビューを聞いていましたが、「平成の時代は戦争が無くて平和な時代でした。令和も」との意見が多くあったと思いますが、実際に戦争を経験された方と経験のない方々では同じ言葉でも違いがあるのではと感じました。4月25日にリニューアルオープンした広島平和記念資料館は来館者が多く、入館待ち90分の状況のようです。年間200万人を超す勢いです。世界で生まれてくる子供が年間1億4千万人と言われており、亡くなる方が年間6千万人、差引約8千万人であります。この数字は数字でしかありませんが、私が各国の大使館を訪問して大使にお聞きしても平和首長会議の事を知らない方もおられる状況です。迎える平和と同時に出かける平和も大事であると考えます。私も、工夫して経費が掛からない方法で各国の大使館に出かけて訴えて参りました。今後はこの事を切っ掛けに議会からの働きかけも必要と考えます。技術の発展も目覚ましいものがあり平成に引き続き技術の大きな進展の時代になると考えます。もしかすると平和記念資料館が何らかの形で全世界に出かける時代が来るのではないかとも考えます。
これまでは技術の進展は戦争と共に進んできましたが、技術の進展が平和を進める時代になることを願います。前期、私が議長として進めてきました議会改革・提案事項が今期更に進んでいくことを望みます。
posted by 永田 雅紀 at 13:05| 広島 🌁| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。